カテゴリ:BISHOP( 19 )

Hueco&Bishopツアー2015〜Bishop編〜

こういう一つのツアーのことをこんなに感覚を空けて更新するのもどうかと思いますが、一応書いておこうかな笑

もうだいぶ前の話なのでうろ覚えなことも多いですががんばります。

丸一日かけて1600kmを走破し、今回の最大の目的地であるBishopにたどり着きました。
初日からとても暑かった気がします(うろ覚え)

a0255552_1236692.jpg


初日からガンガンとばすこころ氏on Plain High Dyno V10


初日から前回のツアーで宿題になってしまったLittle Forgotten V10が登れたりして前回よりは強くなってるかもということを感じつつ、もう少し強くなっている予定だったのにという焦りも感じたり。

それでも今回のツアーの目的はマンダラV12。三年前?手も足も出ず課題に挑むこともせずに逃げ帰ってきた課題。今回はその為に決めたツアーで、それが登れたらオッケーと自分に言い聞かせて今回のBishop編は始まりました。

何日目か覚えてはいないけどマンダラトライの初日は以前のツアーでの一番良いトライと同じようなトライが普通にできて一安心。やっぱり少し強くなってるかも。
しかしあわよくばという程の成長ではなく、深追いせず。

a0255552_1249471.jpg


これが登りたくて来たんすよ。

日中は暑いので他の課題もあまり触らず、なるべく朝かナイトでのトライ。マキタ持っていってほんとに良かった。

マンダラは皮問題やコンデション問題がシビアなので(今思うとそうでもなかったようにも思う)なるべく万全の状態でトライ。時間もあるしゆっくりじっくり攻めました。

とはいっても他でなにもしてない訳ではなく、登りたかったStained Glass V10や(二日かかった)、いましさん、こころのスペクターのトライに混じってムーブ起こしてみたり。色々。


a0255552_12573640.jpg


Stained Glass V10はナイトで完登。使用シューズはストラトス。エッジングに優れたストラトスが相性ばっちりでした。

マンダラ二日目はカチに指が揃い始めるも午前中の短い時間ではモノにできず暑くなってきて終了。
三日目は初めてマンダラをナイトでトライ。この日はめちゃ寒くてコンデションはばっちり。
一番の核心だった一手目が初めて止まった!でもその後のムーブで迷ってしまって三度一手目を止めるも完登はならず。こんなにコンデションが良い日はもう二度と無いかもしれないのに決めきれず嬉しくもがっかりな日でした。

こころ氏はマンダラSD V14を完登!一回最上部で落ちてきたときは今日じゃないとも思ったけど、圧巻の登りで決めてくれました。ナイス!

この日に指を切ってしまったので傷が塞がってからマンダラ4日目。
三日目に抜群のコンデションで持ちきれなかった一手目のカチをコンデション的には劣る今日、再び止めることができるのかと不安が大きく、とても緊張していました。

しかし幕切れは突然に。
入念にアップし、最初のトライ。完璧に一手目を捉え、その後のムーブもぶれること無くイメージ通りの登りで完登。上部のカチがとてもシャープだったのは覚えている。
不細工に、しかし落ちることの無いマントルを返している最中、
「ああ、また自分は最良の時を逃してしまったのか。この課題をもってしても溢れるような感動にたどり着けないのか。情けない。」
こんなことを考えながらリップに座り込んだ。
マンダラのトライは終わってしまったのだ。またしても自分は「可能」への挑戦しかしていなかったのだ。

もちろん嬉しい。しかしそれとは相反する感情を抱いて少しリップで座っていた。
マンダラのトップの形状はリップからなだらかにスラブになっている。落ち着いたところで最後のスラブを登りきった。登りきった時に、ちょうど同じ頃にアンブロシアV11を登りきったカウロ・トラベルシの弟(名前は忘れた汗)がグランパの上に立っていて、自分に「Good Job!」と言ってくれた。

その瞬間感情があふれてきた。憧れ続けてきた課題を、今、自分の手で登ってきた。自分を認めてやってもいいじゃないか。そう思うと抑えきれなかった。
反省は沢山ある。でもまずは結果に喜ぶことにした。Bishopの素晴らしい景色を眺め、落ち着くまで岩の上でゆっくりした。クライミングしてて良かった。



その後のクライミングはそれはそれはぐだぐだで、A Maze of DeathV12に延べ7日かかり、全く目的でなかったScanner Darkly というV12にはまり倒してツアーを終えた。

夢に見ていた自分は当然マンダラは登れて、他のV13やV14にトライしていた。
しかし現実の自分はもっとひ弱で愚かだった。
またBishopにかえって来れるなら、理想の自分に近づいていたいと思います

いつもこんな反省文ばっかり(^^;;)

次もがんばろー!

a0255552_1359498.jpg

a0255552_13591327.jpg


























































みんなありがとー!!!
[PR]

by dkclimb | 2015-06-02 14:09 | BISHOP

BISHOPファイナル

BISHOPツアーが終了しました。

最後は予報の様子がちょっと微妙で、結局サッドから4連登になってしまった。

砂嵐のサッドの翌日はまさかの快晴。

バターミルクも全く雪が降った様子が無く、本気登りかどうか迷ったけど起床も遅かったのでまったりクライミングに決定。

ずっと行きたかったシークレットオブザビーハイブのエリアへ。

SWAM V14のあるエリアだけど、今回はSWAMは眺めるだけにしといた。

お目当てはシークレットオブザビーハイブV6


a0255552_16275576.jpg




かっこいいんだこれがまた。

確実に4つ星でOKな課題なのになー

到着が11時ころだったにも関わらずこの日はしっかり寒かった。

高い課題なのでかじかまない様にしっかりアップ。

WADE君完登の後に自分も無事一撃。



a0255552_16275696.jpg



福ちゃんもかなり気合いの入ったトライでしっかりゲットしてった。

かなり良い課題だ。

上部の遠い所が核心かとおもいきや普通に下部が悪かった。

ちょっと落ちると思ったけど心を強くしていったら大丈夫だった。

そういえばケビンがこの岩で鯉のぼりしてる広告あったなと思ってやってみた。


a0255552_16275811.jpg



これは写真が上手いだけでおれは鯉のぼりできません。

因みにWADE君もなんちゃってケビンやったけどなかなかタイミングが合わずにこれが限界。
a0255552_16275963.jpg



そしてお疲れだった。申し訳ない。
a0255552_1628052.jpg



しかしかっこいい課題だな。


a0255552_1628140.jpg


少し閉塞感のある感じがまた良い。

とりあえずこれで満足して、2時頃には移動。

福ちゃんご所望のザビエルに移動した。

とりあえず自分は他の岩で遊んでたけど。

中々うまいムーブが無いようで、かなり苦労してたけど、最後の最後に次回に繋がりそうなムーブが見つかったみたい。

福ちゃんも二年後にカムバックかな!

4時頃には早目の帰宅。

そして夜はBシェフとすぎやんとお別れパーティーした。

中々豪華な飯に加え、Bシェフがめっちゃ美味い鳥肉料理を振る舞ってくれた。

料理の出来る男はいいなぁ。

a0255552_1628229.jpg


でもパーティー中の写真が無いので朝のすぎやんサービスショットで。

頭に乗ってるのはレッドバインズっていうクソまずいお菓子。

楽しい夜だった。

最終日はバターミルクのメイン。

バターミルクに向かいながらこのツアーももう終わりかと感慨深い気持ちになった。


a0255552_1628341.jpg


BISHOPの街の何処からでも見えるMt.Tom

WADE君はマンダラSDに意気込んでいたし、自分もマンダラとしばしのお別れの挨拶をしに行った。

するとジョッシュ達つよつよメンバーと今日来たばっかりっぽい強い奴らが先に登っていた。

どのくらい強いかというとマンダラを4〜5回で登るくらい。

アップを済ませていざマンダラ。

んーやっぱり悪い。

2〜3回やったところでふと指皮をヤスって見ることに。

そういえばこのツアー中まだ一回も削ってなかった。

ま、どうせ弾くんだろうなと思ってたらスタートが各段に楽になっとる!

こんな初歩的なことを見逃していたのか。不甲斐ない。

ま、止まってないからなんも言えないけど笑

指皮削って二回目のトライ。

やっぱり良いと思いながら一手目

かなりコントロールして手出せる。

外したけどこれなら、、、と思ってたら悲劇がおきた。

着地でマットの間に落ちて足を挫いてしまった。

捻挫したことなかったしまさかと思ったけどやっぱり捻挫だった笑

はい。ツアー終了ー。

冷しに行こうかと思ったけど、あんまり痛くなかったしマンダラSDの撮影したかったから居残り。

するとWADE君までもが捻挫してしまった!

しかも酷そう。

ハイボールをやっても怪我しなかったし、マンダラに至っては今まででマットの数も一番あったのに二人揃ってマンダラの岩にやられてしまった。

チェッカーボードのアプローチ途中にある川でアイシング。

タイミングの良さ(悪さ?)とあまりの川の冷たさに二人して大笑いしてしまった。



a0255552_1628499.jpg




a0255552_1628633.jpg



福ちゃんは勿論無事なのでマットは預けて自分らはモーテルに帰ることに。

帰り際にマンダラ一緒にやってたクライマーに貰ったビールでアイシングするWADE君


a0255552_1628670.jpg



帰る途中で今まで気づかなかったことに気づいた。


a0255552_1628746.jpg


NEVER STOP CLIMBING

写真は福ちゃんを迎えに行く時に撮ったけど、素敵だなぁとWADE君と話しながら帰宅した。

しかしこれで終わりではなかった。

モーテルの駐車場に着いて、あと50cmで駐車スペースに車が入るというところで急にエンジンが切れてしまった。

まさかと思ったけど、何回キーを回してもエンジンがかからない。

最早なにも反応がなかった。

自分の年末の車運の悪さを思えば余りにも自然なのでヤバイと思った。

近くにいたモーテルのオーナーに助けを求めて様子を見る。

フロントを開けて確認してみるとどうやらバッテリーのネジが緩んでいたらしい。

そこを繋いだら無事エンジンがかかった。

本当に良かったが自分で対応できたか分からないので、これが夜中の出発間際だったらと思うとゾッとする。

宿についたらアイシングの続き。


a0255552_1628854.jpg


本当にモーテルに移動して良かったと思う。

WADE君を置いて自分はガソリン補給と自分達を慰める美味しい物を買いに行った。

a0255552_1628961.jpg


しかしなにが起こるか分からないものだ。

くわばらくわばらなどと思ってたら福ちゃんを迎えに行く時間になった

福ちゃんは最後に見事チェッカーボードをキルしてきたらしい。

マット4枚背負って一人で登ったそうだ。

福ちゃんから漢を感じた。

丁度帰るタイミングだったジョッシュと記念撮影をした(WADE君のカメラで)

また会うときはもっと強くなってるかんね!

宿に帰ってパッキングして最後の晩餐はハンバーガーのカールズjr.

a0255552_16281057.jpg



結構重かったのか起きたらめっちゃもたれてた。

そして最後に後半面子で記念撮影。



a0255552_16281196.jpg



すぎやんは小顔効果を狙っていた。

二人とお別れし、4時間程寝て夜中の2時頃モーテルを後にした。

ロスまでは中々快調に飛ばしたけど、街が近くなるに連れて車の密度が半端無くて怖かった。そして奴らは減速しない。

さらにジャンクションを間違えて迷った。

めっちゃ疲れたけど、なんとかレンタカーを返す時間には間に合った。

空港内のチェックイワなどは空気かと思うくらい簡単に済んで無事に搭乗。

そしてあと50分で日本に着く所でこのブログを書いている。

この旅も、もう終るのだ。
[PR]

by dkclimb | 2012-03-11 07:18 | BISHOP

BISHOP15

今日はサッドの予定が悪天候のためサッド。


a0255552_16443814.jpg




a0255552_16443921.jpg



こんな課題から始めた。

因みにこの日はこれ以外の写真がありません笑

ビーフケーキのケイブに行って前回できなかったビーフケーキV10にトライ

すぎやんに安定感を褒められながらさっと完登できた。

次にアクエティック ヒッチハイカーってV10にトライ。

1回目は前のトライを見ていなければ絶対にしない様なミスをしてフォール。

2回目は自分を信じたらちゃんと登れたり。

そのままビーフケーキの方にトップアウトにアクアリウムってV12に突っ込んだけどだめだった。

あんまり乗り気じゃなかったけど、できそうだからバラして繋げたらビーフケーキのラスト一手までいけたので長めのレスト。

してたら暴風により砂が舞って目が開けられない。

まぁこれはまたいつかきた時に登れるので深追いしないで帰宅した。

帰宅したら風でテントを飛ばされたすぎBさんが避難してきた。

Bシェフが美味しいパスタを作っていたので羨ましかった。


a0255552_16444036.jpg


明日は多分レスト。
[PR]

by dkclimb | 2012-03-07 16:33 | BISHOP

BISHOP13

何故かアップできてなかったので前後しますが。

湖の後はロッククリークってエリア見に行った。

標高が高いせいか雪めっちゃ残ってた。



サンダルで来た福田さんと杉山さんは大変そうだった。


なんか松林の中にあるエリアでかなりまったりした雰囲気だった。

次回来た時には是非登りに来よう。


昼飯はその麓にあるトムズプレイスって食堂にて食べた。

すぎやんの頼んだホットチョコレートがくそうまそうだった。

腹が満たされたので、また温泉に行く事に。

温泉は日曜日ということでこないだよりは人が多かった。

一番入り心地が良かった場所は一人入ってたので別の場所へ。

でも浅すぎて嫌になったのでその一番入り心地がいいところへお邪魔する事に。

おっさんは我々を快く迎えてくれたのだが、下ネタが大好きなおっさんでいきなり「おれはピーーが大好きだ!ガッはっは!」と絡まれて大変だった。

でも笑いは世界を救うと信じているみたいなので、悪いおっさんではなさそうだ。

温泉から出て、洗濯をしてこの日は終わった。
[PR]

by dkclimb | 2012-03-07 16:31 | BISHOP

BISHOP14

レスト明けはバターミルクメインでアップして昼くらいからThis Side of Paradise V10のあるエリアへ

の前に、なにやら車の左前輪が調子悪い。

ペシャっとなってるのでスタンドで空気入れに行った。

ら、スタンドのお姉さんに「パンクしてるかもしれないから修理工場行きなさい」的な事を言われて安心のミシュランへ。

そしたら案の定タイヤに穴が空いてたらしく、パンク修理。


a0255552_11243563.jpg


$15かかってしまったけどこれで安心。

でも車返す時になんか言われないかなぁ。

ま、とりあえずこれで岩場へ

パラダイスのエリアはメインから15分くらい奥に駐車して更に20分くらい歩いたら着く

そしたらこんな岩がドーン


a0255552_11243676.jpg



ドーン

って感じで感動しながらも若干ビビりつつ昼飯。

でも何気に自分もWADE君もFlash狙いだったから入念にオブザベ。

ま、二人とも普通にビビって降りたけど笑

上部のカチが思っていたよりもかなり小さくて中々思い切った動きが出来ない。

そこをまずWADE君が切り抜ける。

これは!と、思ったけどティックマークのカチを上手く保持れずに降りてきた。

WADE君は3回くらい、自分は変なとこで落ちたトライを含めて5トライの後、長めのレスト。

そして自分が先にトライ。

下部は昼間と言う事もあり、カンテの向こうから日が刺してきて眩しかったけど無難にこなす。

両手で持てるカチフレークでチョークアップした後核心に突入。

WADE君のトライも見ていたし、情報もあったので思い切って突っ込んでみる。

すると遠いガバカチになんとか届いた。

でも前のトライでWADE君が落ちてるので気は抜けない。

ってか落ちたくない笑

かなり緊張しつつもしっかり呼吸して上部突入。

まぁそれこそYouTubeとかでムーブは知ってたからそれを思い出して登る。

ガバフレークを取って一安心。

ん?

上部のスラブ怖いやん

かなりぷるぷるなりながら5分くらいかけて上部のスラブを超えて無事トップアウト。

a0255552_11243715.jpg


めっちゃ緊張感あったけどかなり面白かった!

またこんなクライミングがしたい。

帰り際メイズ オブ デスV12に触った。

ダメだ。今の自分にはV12以上は登れない。

全く勝負してもらえなくてあっけなく血が出て終了。

日本に帰ったら本当に一から見直していかないとな。

夕方になってWADE君がカナダのジョッシュと一緒にマンダラSD登るっぽいので久しぶりにマンダラに触る。

やっぱり難しい。改めて弱さを噛みしめると共にトレーニングのモチベーションが上がってきた。

WADE君はというと、しっかりSDのムーブをバラして立ちスタートまで繋がったようだ。

あと残り少ない日数で登れるか怪しいところだけど、かなり可能性を感じているようだ。

ってか強っ!

すぎやんとB氏はソウルスリンガーに波状攻撃。

B氏が先に抜けて、すぎやんはラスト一手でめちゃめちゃビビってたけど、外人が来てマットが増えたら登れてた。

a0255552_11243828.jpg



そしてめちゃめちゃ喜んでた。

いやー良かった良かった!

そして福ちゃんはエビリューションの一手目をひたすら練習していた。

頑張れ!福ちゃん!

暗くなるまで福ちゃんの応援してこの日は終了。


a0255552_11243924.jpg


もうそろそろで満月みたいだ。

モーテルに帰って飯を食ってたらこんな奴がきた。
a0255552_11243992.jpg



やばいと思った。

そしてB氏は固まってしまった。
a0255552_11244036.jpg


一日の締めにすぎやんにオセロで二連敗して眠りについた。
[PR]

by dkclimb | 2012-03-07 10:20 | BISHOP

BISHOP12

こんにちは!

毎日更新できる環境は更新を滞らせますね。

ポルングレイン行った次の日はバターミルクメインで登った!

なにやらWADE君はお疲れだし、福田さんは夕方のエビタイムに向けて意識高めに体力温存モードだし、自分は指皮負傷の為に指10本中8本テーピンググルグルクライミングだし

みんな若干緩めモードだったのでスターハントした。

やっぱ簡単な課題は癒されるな。

昔KTさんが言ってたけど、10aが腐る程あったらずっと10aやってても良いって言ってた意味が分かる。

とかいいながらV0〜V4くらいまで登ったらV8のフライボーイって課題やってるあたりが若いと思う。


a0255552_17204869.jpg




a0255552_17204945.jpg




a0255552_17205015.jpg



こんな感じでかっこいい課題でした!

テーピングしてたけど、なんとかFlashできたのが嬉しい。

また三ツ星ハントに出掛けてまさかのイギーに出会った。


a0255552_17205192.jpg


でもしっかりご主人の言う事は聞いてたっぽいのでただのそっくりさんかもしれない。

でも人間をなめた顔はしていたように思う。

その後は暑かったのでバターミルカーのケイブに避難。

そしたらWADE君の友達で強つよクライマーのジョッシュという人がいた。

でもかなりお腹出てたので油断していると思う。

何気にリトルフォゴットンV10に絶賛敗退中だったのでトライ。

したら指皮が痛くない為か前回ムーブが出来てたからなのかは知らないけどかなりムーブが楽だった

けど落ちた。

仕方がないのでバターミルカーを諦めて周辺のV6とかで遊んでるジョッシュ&wadeに合流。

ケイブルートという課題をさらっと登って行くのでガバガバっぽいし簡単なんだなー

と思ってやってみたらFlashできたけど必死だった。

ジョッシュがアンダーカチ系のONE MULE WONDER ってV10やるっぽいから参戦してみたらテーピンググルグルでも3〜4トライくらいで登れた。

かなりシャープなカチだったからテーピングが逆に良かったかもしれない

日が沈んだらエビタイム

と言う事でエビリューションへ

ここでこの日初めてテーピング開放してエビリューションのV12をやってみた。

めちゃめちゃ体は動くけどソッコーで血出て3トライで終った。

でもリップまではかなり安定して行けるのでOKだと思った。



次の日はレスト。

おすぎとB氏と共にBISHOPの北?にあるCROWLEY LAKEと言う湖を見に行く。


a0255552_17205224.jpg


二人のレンタカーはサンルーフまでついているのでズルい。

BISHOPの街から30分くらいで到着。



a0255552_17205375.jpg



こんなゲートをくぐって湖に侵入

でも一般の人も何人か遭遇したから多分全然問題無い。

後ろはこんな感じ

a0255552_17205464.jpg



少し歩いたら湖が見えてきた。

そしたら犬が来た。

めちゃくちゃ吠えられた。

けど三匹のうち一匹がめちゃくちゃ人懐っこくて湖まで一緒に走った。犬もいいなって思った。

湖に着いたら犬はひたすら湖に浸かってた。

a0255552_17205522.jpg




a0255552_17205610.jpg



a0255552_17205730.jpg






a0255552_17205875.jpg

犬とWADE君

a0255552_17205982.jpg

てんとう虫


a0255552_1721021.jpg



めっちゃかわいい。


しかしこいつは途中で我に帰って突然ダッシュで帰宅した。

なので人間だけで青春ごっこして遊んだ。

ひとしきり遊んだら飽きてきたので帰ろうとしたらまた三匹の犬が来て今度は吠えプラス噛まれそうだった。

けど飼い主が制してくれて大丈夫だった。

さて帰るかと思ったら福田さんが居ない。

どこいったかとおもったらこんなとこに居た。


a0255552_1721172.jpg


さて福ちゃんはどこにいるでしょう?


a0255552_1721236.jpg

氷を持って来て御満悦の福ちゃん。


後半へ続くけど眠いのでまた明日。
[PR]

by dkclimb | 2012-03-06 16:30 | BISHOP

BISHOP11

毎日更新できるぜ!とか言って早速二日もサボってしまった

一昨日はバターミルク

セブンスパニッシュエンジェルというなにやらお洒落な名前のV6をやったけど風が怒涛の如く吹き荒れていたのでそれだけ登ってサッドへ。

サッドではV7が登れたりV7にマジ敗退したりビーフケーキV10をばらしたり繋げられなかったり、、、

ま、全体的に不調でした。

すぎ氏B氏もV7あたりでボチボチと。

そんな中WADE君は相変わらずの絶好調でした。

ビーフケーキを持ち前のムキムキさと冷静さで仕留めて余裕の表情だった。

因みに福ちゃんは風邪をひいてしまってこの日はモーテルでひたすら寝ていた。

そして写真が一枚も無い、、、

a0255552_1641173.jpg


ので、すぎ氏とB氏の写真を。


なんか食ってるのがB氏

ピースしてるのがすぎ氏

夜は何故か豪華な夕飯でビールまで出てきた

a0255552_16411884.jpg


少しキリンに似てるけど、後味が濃いめ。

昨日はレスト。

ウイルソンズで買い物して昼飯兼朝飯をスキャッツって有名らしいパン屋で食う。



a0255552_16411910.jpg



トイレに行くとこいつが居る。
a0255552_16412012.jpg



因みに外にはこいつ


a0255552_16412119.jpg



創業者の像らしい。(うそ)

店の看板

a0255552_16412391.jpg


洗濯してからみんなでBISHOPの街外れにある温泉へ。



a0255552_16412454.jpg



温水プールの排水って聞いてたからあんまり期待してなかったけど中々気持ち良かった!


a0255552_16412581.jpg



またレスト日に行こう。

夜は町の中華料理屋で飯。

無難な味だったけど、米がありがたかった。

写真はまた無い。

今日はバターミルクの中のポルングレインというスペクターのあるエリアへ

アップから指先ツルツルしすぎてやばかった。

適当にアップして超おもろいV3にトライ。




a0255552_16412676.jpg




a0255552_16412777.jpg



a0255552_16412891.jpg




a0255552_16412973.jpg




a0255552_16413074.jpg




a0255552_16413144.jpg



なんか瑞牆の指人形に似てた。

その後はCover Me With Flowersというやたらメルヘンチックな名前のV2


a0255552_16413226.jpg


ハイパー快適な課題だった。

その後にやったV9で指皮裂けてこの日はエンクラ決定。

この時点で10本中5本指皮裂けてた。

かなりテンション低めでJedi Mind Tricls V4へ

テーピンググルグルだったしテンションだだ下がりだったけど課題が良かったので一撃できた。


a0255552_16413377.jpg


福ちゃんも少しハマりながらもしっかりゲット。

WADE君はとなりのV10を比較的アッサリ登ってた。

アッサリ登ってたからできるかもと思ってやってみたら全くできなかった。

そんなこんなでお目当てのSuspended in Silence V5へ。

広いBISHOPの中で星4つの課題はこれとハルクだけなので是非登りたかった。

無事Flashできた。

a0255552_16413459.jpg


縦飛びバージョンも横飛びバージョンも両方やっといた。

高さも有るし面白い!

最高だと思った。

その後適当なV6とかでお茶を濁してWADE君とスペクター

ダニエルくらい強ければ余裕だと思った。

WADE君も流石に直ぐにはできないみたいだった。

ネクストタイムだな!

日も暮れてきたのでメインへ。

まぁ適当に遊んで暗くなったので撤退した。

しかしポルングレインは本当に良い課題ばっかりだった。


a0255552_16413548.jpg


また是非行こう。
[PR]

by dkclimb | 2012-03-03 15:56 | BISHOP

BISHOP10

モーテルに着いたので毎日ブログ更新できますよ!

昨日の夜に滋賀クライマーのBomb氏とすぎやんがBISHOP入り。

早速モーテルに招いていろいろ話をした!

なにやら彼らは車のメーターがマイル表示なのを気付かずに時速100マイル程(時速1マイル=時速1.6km)でぶっ飛ばして来たらしい。

楽しい話をしながら12時頃には就寝した。

そんで今朝はバターミルクへ彼らを案内。

しかし昨日バターミルクは雪が降ったようで、結構な積雪。




a0255552_1517127.jpg




とりあえず一通り課題を案内してハッピーへ

アメリカの雄大さにふれたすぎやんは終始「アメリカすげー!」を連呼していた。

適当な課題でアップして、そのアップ課題のクオリティの高さに二人とも満足気。

そして二人ともの要望でAtari V6へ

我々がクソビビって小一時間打った課題を彼らはサラッと登って強さをアピールしてくれた。

そんな流れでアシッドウォッシュV10の付近へ

ここでもテンションの高いすぎやんは少しハマりながらも小一時間程でアシッドウォッシュゲット。

怒涛の如くトライしていたのでスタミナ切れを心配したけど、ハイテンションにかかればそんなものは関係無いらしい。



a0255552_1517330.jpg



股間にブラックホールが空いていても構わずに彼は足を広げた。

B氏もアシッドウォッシュいい感じ。

おそらくこやつは美味しく持って帰ることでしょう。

そろそろ我々も動くかということでキルオンサイトV12

前回リーチごかかっていたWADE君は少し乱打気味になりつつも、持ち前の冷静さでレストをしっかりはさんで2本目のV12をゲットした

自分はなかなかトウフックが掛からないので超お買い得なキルオンサイトの左抜けのV11を登り(すぎやんも余裕のゲット)、サッサとスロウダンスV10へ

Flashトライで核心を超えたにも関わらず、ガバカチでの振られに耐えられずにフォール。

2回目、3回目は気の抜けたトライを繰り返し、4回目でゲット。

得意系はすぐ登れんのになー

しばらくウダウダして二人はハルクへ

自分と風邪気味福ちゃんはブラックマジックというカッコいいV3にトライ




a0255552_1517557.jpg



こんな感じ。

夕日のあたり具合がよろしい。

そんなこんなしてたらハルク組が帰還

今日いろいろやり過ぎて核心超えてパンプ落ちしたらしい(´Д` )w

テントを張るために彼らはそれで帰PIT

まだ明るかったので自分は前回宿題になったレッドラムV10にトライ。

前回はヨレてたようで、今日はあっさりゲット。

その後はハルクの右のランジ課題をWADE君とトライして仲良く敗退して帰宅した。

夕飯な何故かちょっと豪華でお腹いっぱい飯を貪った。

明日はまだ登った事無いスペクターのエリア行く!
[PR]

by dkclimb | 2012-02-29 13:49 | BISHOP

BISHOP9

さて後ろ向きなブログはもう十分なので、楽しいブログを。




a0255552_11425336.jpg


WADEくんの顔程もある大きさのレッドブルをぶっ込んでいざバターミルク

グランマでアップしてマンダラで戯れ、福ちゃんお目当てのエビリューションV12


a0255552_11425759.jpg


アンブロ程ではないにしろ、やっぱりデカイです。

スタートからツルツルしていて持ちにくい。

果敢に遠い初手を攻める福ちゃん

a0255552_11425956.jpg



このくらい傾斜してます。


a0255552_1143063.jpg



自分もトライ。

前々日に触った時よりは良い感触!

しかし強風のストレスにメンタルがやられたのか、右手のスタートのカチが滑って爪が割れる悲劇(´Д` )

嫌になってエビリューションから離脱し、YAYOI RIGHT V7に癒されに行く

しかしここでも風の強さに心折れ気味(´Д` )

外人が応援してくれてなんとか完登できたけど、YAYOI の直上(V8)よりも悪く感じた

エビリューションに戻ってみるとWADEがエビのリップまでversion(V10)を登ったらしい。

対人モチベーションが上がって靴を変えてトライしてみる。

すると今まで核心となっていた箇所がなんて事ない(´Д` )

このツアー中は外食でもお菓子を買うにしてもチョイスミスが多いので、またかと思った

しかし日も当たってきたのでエビTimeは終了してWADEのアンブロ観戦

この日WADEは下から繋げるつもり満々だったので自分と福ちゃんは休憩。

全力でスポットにあたった。



a0255552_1143164.jpg


だってこの高さである。

岩の上の点がWADE君です。

いかにWADEが筋肉質でも死ぬ可能性は拭いきれない。

その上マットはレギュラーサイズが3枚と小さなマットが一枚、そして風呂マットだけである。

およそアンブロをトライするとは思えないマットの数とスポッターの数である笑

トライは慎重だった。

一トライの合間は短くとも20分程

高さ15mなので日本の一般的なリードルートとなんら遜色ない高さである。

そりゃ核心は壁の真ん中下程だけど、その上だって何手もある訳で。

そりゃパンプだってするわけで。

そんな感じでトライ毎慎重ではあるが、着実に高度を伸ばしていくWADEくん。

4トライした所で長めのレストをはさむという。


小一時間程自分と福ちゃんは遊んでトライ時間まで待つ。

4時になった。日暮れ真近だ。

WADE君が昼寝から目覚めると、神妙な面持ちで靴を履き始める。

自分と福ちゃんはカメラをセットしてスポットの位置に着いた。

最後のトライが始まった。

下部は見た感じ決してパーフェクトでは無かった。

しかしこのトライで下部の核心であり、この課題の最大の核心をこのトライで彼は越えた。

レストポイントのフエコまで辿り着く。

まだこのポイントであれば飛び降りれば怪我は全く無いだろう。

しかしそんなことをする訳は無い

上部のリハーサルはしっかりやってきた、あとは慎重に手数を重ねるのみだ。

レストの体勢を解き遂に登り始めた。このレストポイントからの数手がV7

決して簡単ではない上にもう不意落ちはできない。

小さな声をあげながらこの核心を越えた。

もはやマットやスポットは意味を成さない高さに突入した。

そこから簡単な数手をこなし、レストポイントにたどり着く。

トップのガバまではもう5手程である。

WADE曰くV7を越えてからはデシマルグレードで11b程だそうだ。

WADEにしてみれば何の事はない難しさである。

しかしこの高さ故に力が入り、核心を越えてきた腕はパンプしているようだった。

レストから手数を進める。

明らかに腕は上がっている。

しかし安定した動きで最後のガバをキャッチし、一声彼は吼えた

登ったのだ。Ambrosiaを。

15mもあるこの巨大な化物を。

大騒ぎしている我々とは裏腹に彼からはなんの言葉も無かった。

何も言葉が出なかったそうだ。

登った直後に日は沈み風が強く吹き出した。

a0255552_1143272.jpg


本当におめでとう!

夜はザビエルトライしていた時に知り合った外人とハンバーガーを食べてお祝いした。



a0255552_1143640.jpg




a0255552_11431486.jpg



キャンプ場に戻ってからビールで乾杯したが、精神も体力も使い果たしたWADE君はビール一本でグロッキーだった笑

お疲れWADE!













:おまけ

自分はというと、この日にLa Belette って多分グランパで一番チンケなV11(Flash)とエビリューションのリップまでversionは登れました。

翌日はWADE君と(何故か)自分は疲れていて、チェッカーボードという素晴らしいV8をFlashしただけで、ほぼなにもしませんでした。


a0255552_11431669.jpg




a0255552_11432043.jpg


まだまだ楽しむぞ!
[PR]

by dkclimb | 2012-02-28 10:29 | BISHOP

マンダラの事

レスト日になりました。

今日から拠点を風の強いpitから快適なモーテルへ移動。

残り10日くらいはここからバターミルクなどなどへ行こうと思います。






a0255552_102519.jpg




a0255552_1025284.jpg



環境は良くなりましたが、マンダラは諦めようと思います。

昨日は気温も低くてやる気も十分。

風は強いもののかなり良いコンディションだったと思います。

が、一手目がやはり全く止まらない。

昼間はほとんどクライミングをせずに夕方のマンダラに賭けたにもかかわらずこの情けない有様

みるみる自信が無くなってきた。

安いプライドを捨てて一手目が取れた状態までパワースポットしてもらう。

離陸が精一杯でムーブを起こすなぞとてもじゃないが想像つかなかった。

やっとマッチができてそこからの大きな一手を出すムーブで下を見てしまうチキンっぷり。

マットもスポッターも大量にあるのに、である。

完全にマンダラに心が負けている。

登る自信を取り戻せないほどに心が折られてしまった。

なんて情けないんだろうか。

Flash狙うとか豪語しておきながらムーブはおろか高さにまでビビってしまっている

今ツアー中はマンダラは諦めることにしました。

完全に敗北です。

あの一手に残りのツアーを賭けられるほど打ち込めるタイプでもない。

自分の限界の上を終える人っていうのは本当に凄いのだと思った。

しかしマンダラ自体は諦めません。

今ツアー中は諦めますが、いつか必ず、出来れば2年後にまたBISHOPを訪れたいと思います。

その時は初日にサラッと登ってやる!

そのくらい強くなってやればいいだけの話しです。

残りのツアーはいろいろな課題を楽しむ事に費やします。

マンダラは最高のラインですが、まだまだほかにも素敵なラインが沢山あります。

自分は貧乏性なのでそういったものを全部触ってやらないと気が済まない笑

若干後付けな理由ではありますが、マンダラだけにこだわるのはもったいない。

そう思ったが故の決断とします。

応援して下さった方々、期待して下さった方々、ごめんなさい。

こんな期待ハズレな文章を読んで下さってありがとうございました。
[PR]

by dkclimb | 2012-02-28 09:56 | BISHOP