ブローまとめ

いきなりまとめかい!みたいなね(^^;;

しかも今手元に殆ど写真が無いので簡単な報告と反省だけという歯ごたえの無い内容で申し訳ないm(_ _)m

とりあえず成果から

•Partage 8b 第三登?
•Fata Morgana 8a
•Grand Angle du Fond 8a
•les Beaux Quartiers 8a
•Conviction 8a

8台はこんだけかなー

今までトラバース以外での8a+以上、もしくはV12以上というものを実は登った事がなくて、どうしても8b以上の成果が欲しいと思ってたんですね。

ストレートアップで、しかもできればバラしトライができない課題が理想でした。

だから明確にどの課題が登りたいという風に目標課題があった訳ではなく、今回はグレードにこだわろうと思ってました。

そこで前半は目標課題探しからスタート

沢山の8bに敗退して行き着いたのがPartageのSDスタートでした

ブローの滞在中に知った課題で、他の8bが登れなかったらやろうというくらいのネガティブな印象でのきっかけでしたが、とても美しく、高い(6〜7mくらい?)カンテを完全SDスタートできる素敵なラインです。

a0255552_21511988.jpg


とーる君のブログから拝借

スタンドスタートだと、自分の身長だと皆の(外人さんの)スタートに届かないので多少の理不尽を感じていたのですが、SDスタートになることで明確にスタート位置が決まっているので自分としてはとてもスッキリしたスタートとなります。

スタンドスタートは他のメンバーの課題の関係もあったり無かったりで半日づつのトライでしたが、3日目には完登。

後日SDスタートをトライするにあたってSDから合流までのムーブを作った
けど、直ぐにムーブが出来たのでこれはソッコーで頂けるかと思ったのが大間違い。

結局ガッツリ4日かかり、トータルで7日目での完登でした。

合流まではせいぜい7aくらいだと思うんだけど、終始スメアっぽいスタンスでパシパシ挟んでいく感じで、最後の核心はそのスメア足とカチでカンテを挟みながらパツパツまで伸び上がるので、多少のヨレで核心の精度がガクンと下がってしまうんですね(ーー;)

しかしおそらく一番の核心はコンディションかな。

つかみどころの無いホールドというか形状を挟んでいく課題なので、少し体温が高いと直ぐにムーブを起こせなくなってしまう(´Д` )

ソッコーでできるという慢心も手伝ってそこには相当苛立ちを覚えたなぁ。

しかもしかも、SDスタートのトライを始めた最初の2日間は完全にスタート位置を間違えていたというアクシデントw

ちゃんと情報は確認しなきゃダメね(^^;;

完全に直登できる課題なのに、右のフェイスにあるスローパー棚からスタートして合流してました

そうですね、それで登ってたらおそらく初登ですw

3日目に第2登のクライマーが来てて、優しくスタート位置を教えてくれました笑

危ない危ない。

完登できたのはその次の日

もうブロー滞在中の後半は日中暑いくらいだったけど、夕方温度が下がる時間までレストすると決めて、その最初のトライでものにする事ができました。

日本も含めてこんなに長期で課題に打ち込むことは始めてで、岩の上に立った時は安堵感が自分を包み込みました。

率直な感想を言うと、辛かったです。

当たり前かもしれないけど、やっぱり楽しく登れる範囲でのクライミングが一番好きで、自分の場合はそれが多分8aくらいの強度かなと。

それか難しいものでも3日くらい。

でもカッコいい課題の多くはとても難しいものが多いのも事実で、その課題達を楽しく登るにはやっぱりもっと強くなるしかないんですね。

このPartageの完登は多分もっともっと早い段階でできたハズです。

それは自分の高難度課題への心構えと課題の攻め方を知らなすぎることが大きな要因になっている気がします。

今よりも高い水準でクライミングを楽しもうと思うなら、自分に今足りないのは一つ先のRP能力だとつくづく感じました。

Fata Morgana bass 8a+も7日くらいトライしてたけど、登れなかったのはやっぱりそういうことだと思います。

来年のマンダラまでまたトレーニングですね(^^)

7台でも印象的な課題がいくつか

•Tristesse 7c
•Megalithe7c+
•Sale Gosse7c
•I'Etrave 7b+ FL
•Mur Lombard 7a+

何本か登った7台でもこの5本は印象深い(^^)

TristesseはBig4と呼ばれる課題の一つで、三年前のツアーでは全く歯が立たなかった課題

今回は1時間程のトライで岩の上に立つことができて、前回からの成長を感じられました

Sale Gosseも同じ理由だけど、コッチは外人さん達とのセッションが楽しかった!

このクラシックな二本を登れる実力が着いたことに素直に感動しました。

Megalitheは「!」が付いている高い課題

前回のツアーでは高いのでカッコいいと思ったけど登る対象になっていなかった課題でした。

でも今回は自分から率先してトライしに行くようなメンタルの成長が感じられた事が嬉しかったなぁ。

二回という少ない回数で登れた事も嬉しいポイントです。

I'Etraveは他のメンバーの送迎の関係で、30分しか時間が無いので「絶対に一撃するしかない!」と思ってトライしたら、全てのムーブがドンピシャにハマってくれて無事一撃することができたという自己満足な課題w

ブロー全体での超オススメ課題にしか着いていない黒星★マークの着いた課題だったから是非登っておきたかったんですね(^^)

でも実は送迎の時間を勝手に勘違いしてて、本当は持ち時間一時間半あったという笑

Mur Lombardはとてもトリッキーな垂壁の課題

好きな垂壁ということも併せて印象深い課題ですね。

久しぶりに一から十まで自力でムーブを解決していった課題で、クライミングの奥深さを改めて感じました。



と、いうような感じで最低目標は達成したわけですが、あくまで「最低」目標を達成できたにすぎません。

本当はもっと8bはサラッと登れるもんで、8b+くらいまで登っているつもりでした。

そのためにはあまりにも努力が足りませんでしたね。

精進しなさいとブローの岩達に叱られて帰ってきました。

沢山の宿題を残してきたので、また行くしかないですね\(^o^)/

次回はまた三年後!(の予定)

そして来年はマンダラにリベンジするべくBISHOPだ!

もっと強くなるぞ!
[PR]

by dkclimb | 2013-03-18 20:25