BISHOP9

さて後ろ向きなブログはもう十分なので、楽しいブログを。




a0255552_11425336.jpg


WADEくんの顔程もある大きさのレッドブルをぶっ込んでいざバターミルク

グランマでアップしてマンダラで戯れ、福ちゃんお目当てのエビリューションV12


a0255552_11425759.jpg


アンブロ程ではないにしろ、やっぱりデカイです。

スタートからツルツルしていて持ちにくい。

果敢に遠い初手を攻める福ちゃん

a0255552_11425956.jpg



このくらい傾斜してます。


a0255552_1143063.jpg



自分もトライ。

前々日に触った時よりは良い感触!

しかし強風のストレスにメンタルがやられたのか、右手のスタートのカチが滑って爪が割れる悲劇(´Д` )

嫌になってエビリューションから離脱し、YAYOI RIGHT V7に癒されに行く

しかしここでも風の強さに心折れ気味(´Д` )

外人が応援してくれてなんとか完登できたけど、YAYOI の直上(V8)よりも悪く感じた

エビリューションに戻ってみるとWADEがエビのリップまでversion(V10)を登ったらしい。

対人モチベーションが上がって靴を変えてトライしてみる。

すると今まで核心となっていた箇所がなんて事ない(´Д` )

このツアー中は外食でもお菓子を買うにしてもチョイスミスが多いので、またかと思った

しかし日も当たってきたのでエビTimeは終了してWADEのアンブロ観戦

この日WADEは下から繋げるつもり満々だったので自分と福ちゃんは休憩。

全力でスポットにあたった。



a0255552_1143164.jpg


だってこの高さである。

岩の上の点がWADE君です。

いかにWADEが筋肉質でも死ぬ可能性は拭いきれない。

その上マットはレギュラーサイズが3枚と小さなマットが一枚、そして風呂マットだけである。

およそアンブロをトライするとは思えないマットの数とスポッターの数である笑

トライは慎重だった。

一トライの合間は短くとも20分程

高さ15mなので日本の一般的なリードルートとなんら遜色ない高さである。

そりゃ核心は壁の真ん中下程だけど、その上だって何手もある訳で。

そりゃパンプだってするわけで。

そんな感じでトライ毎慎重ではあるが、着実に高度を伸ばしていくWADEくん。

4トライした所で長めのレストをはさむという。


小一時間程自分と福ちゃんは遊んでトライ時間まで待つ。

4時になった。日暮れ真近だ。

WADE君が昼寝から目覚めると、神妙な面持ちで靴を履き始める。

自分と福ちゃんはカメラをセットしてスポットの位置に着いた。

最後のトライが始まった。

下部は見た感じ決してパーフェクトでは無かった。

しかしこのトライで下部の核心であり、この課題の最大の核心をこのトライで彼は越えた。

レストポイントのフエコまで辿り着く。

まだこのポイントであれば飛び降りれば怪我は全く無いだろう。

しかしそんなことをする訳は無い

上部のリハーサルはしっかりやってきた、あとは慎重に手数を重ねるのみだ。

レストの体勢を解き遂に登り始めた。このレストポイントからの数手がV7

決して簡単ではない上にもう不意落ちはできない。

小さな声をあげながらこの核心を越えた。

もはやマットやスポットは意味を成さない高さに突入した。

そこから簡単な数手をこなし、レストポイントにたどり着く。

トップのガバまではもう5手程である。

WADE曰くV7を越えてからはデシマルグレードで11b程だそうだ。

WADEにしてみれば何の事はない難しさである。

しかしこの高さ故に力が入り、核心を越えてきた腕はパンプしているようだった。

レストから手数を進める。

明らかに腕は上がっている。

しかし安定した動きで最後のガバをキャッチし、一声彼は吼えた

登ったのだ。Ambrosiaを。

15mもあるこの巨大な化物を。

大騒ぎしている我々とは裏腹に彼からはなんの言葉も無かった。

何も言葉が出なかったそうだ。

登った直後に日は沈み風が強く吹き出した。

a0255552_1143272.jpg


本当におめでとう!

夜はザビエルトライしていた時に知り合った外人とハンバーガーを食べてお祝いした。



a0255552_1143640.jpg




a0255552_11431486.jpg



キャンプ場に戻ってからビールで乾杯したが、精神も体力も使い果たしたWADE君はビール一本でグロッキーだった笑

お疲れWADE!













:おまけ

自分はというと、この日にLa Belette って多分グランパで一番チンケなV11(Flash)とエビリューションのリップまでversionは登れました。

翌日はWADE君と(何故か)自分は疲れていて、チェッカーボードという素晴らしいV8をFlashしただけで、ほぼなにもしませんでした。


a0255552_11431669.jpg




a0255552_11432043.jpg


まだまだ楽しむぞ!
[PR]

by dkclimb | 2012-02-28 10:29 | BISHOP